ネットで見直せる

自動車保険の見直しの工夫(コツ)

自動車保険を見直したい、しかし、見直し方がわからないという人が少なくありません。確かに保険は難しいと言われています。 しかし、自動車保険の見直しもひとつの工夫(コツ)があれば、わかりやすいものとなります。 それは、最初に大きく自動車保険の補償をとらえるということです。 自動車保険の補償は大きく3つから成り立っています。 まず、賠償責任補償です。これは、自動車の運行中、他人を死傷させたり、他人の物を壊して損害を与えてしまった場合の損害額を補償するものです。 次に傷害補償です。これは自動車を運行していた人や同乗者が死傷した場合の補償です。 最後に車両補償です。これは運行していた車両が損壊した場合の補償です。 以上の大きな3つの補償をとらえておくと、見直しもやりやすくなるのです。

保険料の現状について

近年、自動車保険の保険料が上がってきています。これは、高齢者の事故が増えて保険金の支払いが大きくなってしまったためです。 それに伴い、保険料についての制度も変化がありました。事故を起こして保険を使った場合、次年度の保険料は上がるのですが、その上り幅が非常に大きくなりました。しかも、それは次年度だけでなく、次年度以降3年間においてです。ですから、自車の軽微な損壊であれば、車両保険を使うよりも自己負担した方がいいケースが増えてきています。つまり、保険金請求の判断について、より慎重に考えないといけない状況になってきました。 自動車保険の正しい知識を身につけて、いざというときにきちんと対応できるように備えておきたいものです。