海外でのトラブル

慣れない環境ではどんなトラブルがあるか分からない

海外旅行はこれまでまったく知らなかった世界を体験したりすることのできる、心おどるイベントです。 しかし、普段とは違う環境に身を置くことで発生するさまざまなリスクにも備えておく必要があります。生活リズムが狂ったり食事が合わなかったりで体調をくずしてしまうこともあれば、旅行者を狙った犯罪に巻き込まれたりする可能性もあります。そのため、今や海外旅行保険は「旅の必需品」とでもいうべき存在になっています。 海外旅行保険は非常に多くの保険会社から商品が発売されており、保障内容もその額もさまざまです。保険会社ばかりでなく信販会社がクレジットカード会員に対して保険を付与するケースもあります。加入に際しては行く先の治安や物価水準などを考慮して、内容をしっかり検討することが大事です。

手厚い補償内容で安心の旅を

海外旅行保険でメインとなるのが、治療・救援に要する費用と携行品の損害に対する補償です。実際に保険金が支払われた事例においても、件数・金額ともこの2つが圧倒的多数を占めています。 このうち治療費は、旅先でケガをしたり病気になったりして現地の医療機関で手当てを受けた場合の費用を補償します。また救援費とは、看病や付き添いのために家族等を呼び寄せた時に要する費用のことです。一方、携行品の損害は、荷物が破損したり盗難に遭ったりした場合の被害額を補償するものです。 これ以外にも海外旅行保険にはいろいろなタイプがあります。飛行機が遅延して予定外の宿泊をしなければならなくなったときや他人にケガをさせてしまったとき、テロ対策で避難をしなければならなくなったときなどに保険金が出るケースもあります。 楽しい旅行は、万全の備えをすることで初めて実現できるものです。そのためには海外旅行保険の加入は必須であるといえます。